携帯変換が完了しました。
携帯からアクセスするにはこちらのQRコード、またはURLを携帯端末へメールでお送り下さい。
携帯にメールを送信する

Sakky - pianist, composer : Profile

Sakky(サッキー)    ピアニスト、作曲家、編曲家 

東京、生まれ.3歳より、クラシックピアノを学び、小学生時代には児童オペレッタ劇シリーズのピアニストとしてNHKテレビ、ラジオの教育番組等に出演。 11歳のときには児童の中から選ばれて、初めての自作曲がNHKラジオで放送される。
1987年、日本音楽センター主催によるソングライター作曲コンテストで、準優勝受賞。
明治学院大学英文科在学中より、ジャズ研究会、ハモンドオルガンとローランドの資格講師、ヤマハキーボードのデモンストレーターとして活躍。また、ブライダル演奏者として1000組以上をこなす。 卒業後、プロのピアニストとして、数々のイベント、ショーバンド、スタジオワークやジャズ、ポップ、シャンソン歌手専門の伴奏者として活躍する傍ら、「J」、「ピットイン」等のライブハウスに出演。

1989年、音楽探訪が目的で、ニューヨークのコロンビア大学に短期語学留学したことが契機となって、1994年、米国、ボストンのバークレー音楽大学に留学。 演奏をジョアン・ブラッキーン、ラスロー・ガルドニー、トニー・ジャーメイン、作曲をテッド・ピース、グレッグ・ホプキン、マーク・ロッシー等に学ぶ。 傍ら、1995年、ニューイングランド音楽院にて、ジャズの巨匠のひとり、ジョージ・ラッセルの「リディアンクロマティック・コンセプト」(氏独特のジャズ理論と作曲法)を取得。
1999年、バ−クレー音楽大学より、ジャズ作曲科と演奏科の学位を得て、最優秀成績で卒業。 同年、同時にプロフェッショナルパフォーマンス部門より、「ジャズパフォーマンスアワード、ベストジャズピアニスト賞」受賞。

ボストンでの自己のフュージョングループやトリオでの活動が評価され、2000年、ワーセイム フェローシップ(マスターコース全額奨学金)を受賞。 フロリダ国際大学院、ジャズ演奏科のコンサートジャズバンドやラテンバンドのピアニストとして、米国のグラミー賞受賞音楽家達、アルトー・サンドバール,カルロス・アベロフ、マイケル・ブレッカー、デビット・サンボーン、サム・テイラー、ボブ・ミンツァー等と共演。 マイアミでは、幾多のラテングラミーアルバムに参加しているピアニスト、マイク・オータに師事する。
また、ラテングラ


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2